9月11日(日)の例会報告


緊急事態宣言の中でも開催することが出来ました。感染予防に配慮しつつ、直接話が出来る場はやはり大事だと感じています。

 *参加者6名
 
 通常の分かち合いがメインで、情報提供も行いました。

 *内容  

・入院している当事者への面会時間が15分なので、面会頻度が減っている。

 ・幻聴がひどい当事者への投薬が27錠。当事者は尿がでない症状も抱えており、他の病院へ3か月入院した際には27錠の内2錠が泌尿器に影響していると言われた。当事者の主治医への信頼感は高く、減薬相談の仕方が難しい。

 ・両親が高齢になり、当事者が近所に住んでいろいろ世話をしているが、父親の認知症が進み当事者への暴言がひどくなり、当事者と父の間で問題が発生しないか心配している。

 ・70歳になる当事者の心身の不調がひどくなり、それまで世話をしていた姉一人では限界があり、現在ショートステイをさせている。特養へ入居させるべくいろいろ準備をしている。その際、NPO成年後見の手続きをして、NPOの協力を得ながら進めることとなった。

 ✳︎情報提供 

1. 神奈川兄弟姉妹の会主催:映画上映と感想交流会(11月3日)のお知らせ 

 2. 8/29に開催された「精神障がい者と家族のための市民公開講座」受講者からの説明 

 ・・・・・・・

 早く、色々なことを気にせずに自由に話が出来る世の中に戻って欲しいですね。
季節は秋🍁。こんな中だからこそ、空を眺め風を感じ、移りゆく季節を味わいたいと感じています。


スポンサーサイト



7月11日(日)の例会報告




🌌☔⚡🌦️🍉 準備中 🍉⛈️🌧️☔🌌




11月15日(日)の例会報告

〈参加人数〉6人 

〈内容〉近況の分かち合い 

〈まとめ〉 コロナ禍のために入院している病気のきょうだいに会う機会や時間が限られている状況が続いていること、自分の生活もやや閉塞感がある等の話が出ました。 

 その他  
・自宅で生活していたけれど症状が悪化し対応に苦慮し、やっと病院を探して入院させたけれど思うように合う薬が見つからないまま退院せざる得ない。訪問看護、リハ、歯科、ショートステイを利用予定ではある。
 ・特養に入院中の母の薬がすごく増えた。抗精神病薬を2種だされている。入所したばかりの時は不穏だったが今は落ち着いている。施設に掛け合って施設外の医療機関に受診することにした。
 等々 ・・・・・・・・

 終了後、今年は早くも最後の例会ということで、会場近くに新しく出来たたこ焼き屋さんで4人の参加で2次会となりました🍻

9月20日の例会報告

初めての方2名を迎えて6名で分かち合いの例会を行いました。


いつも通り近況報告を一回り。

初めての方々にとっては、親が高齢になってきて、親亡き後の兄弟のサポートをどうしたらいいのか?

ということがメインでのお話でした。永遠のテーマのような頭の痛い問題ですが、私たちが無理しすぎないことの大切さ、ヘルパー、訪問看護等のサポートや社協等で行っているサービスの利用、成年後見等の情報をお伝えしながら話し合いました。


入院している兄弟には、コロナの影響で面会できなかったり、できても15分だったりという状況が続いています。

また、病状が悪化し、医療保護入院となった兄弟の退院後の施設についての話も出ましたが、入院に至るまでの仲間の大変な苦労を労いました。話ができる場があること、仲間がいることのありがたさを改めて感じた会でした。


次回は11月15日(日)、下落合コミュニティセンターにて開催予定です。


7月19日の例会報告


初めての方を迎えて6名で例会を行いました。

コロナの影響で3月、5月の例会が中止になり、半年ぶりの例会になりました。


いつも通り近況報告を一回りして、初めての方を中心に、お話を伺ったり、役立つと思われる情報提供をしたり、という時間を持ちました。

病気を持つ兄弟姉妹との心の距離が近すぎて、責任を抱えすぎて非常にお疲れの様子でした。

私たちにとって、心の距離はなかなか難しいものだと改めて感じました。


その他、コロナの影響で参加できなかった仲間、入院している兄弟姉妹への面会がたった5分だった仲間もいました。

今回、久々に分かち合えて、仲間の顔が見られたことで、随分癒された気がします。


次回(920日)も会が開けることを願って終わりにしました。



プロフィール

さいたま兄弟姉妹の会

Author:さいたま兄弟姉妹の会
ようこそ!!
私たちは精神疾患をかかえる人の兄弟姉妹のためのセルフヘルプグループです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR