■プロフィール

さいたま兄弟姉妹の会

Author:さいたま兄弟姉妹の会
ようこそ!!
私たちは精神疾患をかかえる人の兄弟姉妹のためのセルフヘルプグループです

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

講演情報
日時:2月10日(月)
   午前9時半〜11時まで

  「専門用語を使わない親亡き後のお金の話」

会場:ウエスタ川越
   🏢 https://www.westa-kawagoe.jp/access/

   終了後、無料の相談時間もあるそうです。
 
 
申込み・問い合わせ先

     一般社団法人
     日本相続知財センター 川越支部
     電話:049ー291ー5530


スポンサーサイト



その他の情報 | 18:15:00 | コメント(0)
こんな情報があります
イメージ 1

             
 講演会

  「 第2回 精神障害者のご家族のための後見人勉強会 」

   日時: 2019年 2月20日(水)
   場所: With You さいたま セミナー室 2
        (ホテルブリランテ武蔵野  3・4 階 )
         最寄り駅:さいたま新都心 西口徒歩5分
   時間: 13 時 20分 ~ 16 時 35分
          
   さいたま兄弟姉妹の会の仲間が発表します!

 
  自助グループ

 「鴻巣ひまわりの会」



 当事者と家族、双方の為の会を見つけました。
 こうした会が身近に以前からあったとは気が付きませんでした。

 いつもきょうだいの視点で物を考えることが多いし、
 利害がぶつかることもあるかもしれないけれど、
 当事者の思いも聞いてみたいし
 きょうだいとしての自分の思いも伝えてみたい。
  ぜひ、いつか行ってみたいと思います。

それぞれの発言を守るような自助グループとしての仕組みも
   安心できる感じです。

      



その他の情報 | 14:22:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次回例会予定
   次回予定   
 当会の仲間のきょうだいの、退院支援に関わる専門職に
   具体的な話を伺います。

      都合により、通常の分かち合いになります。

          

 11月 12日(日) 午後2時~5時
          
  場所:与野・下落合コミュニティセンター 

   いつもの分かち合いになります。
           
  参加申し込み saitamakyoudaikai@yahoo.co.jp       
    参加費:300円 + α(資料代等)

 初めて方も、気兼ねなく参加ください
       
      
      こんな情報があります
     
・・・・・ 市民後見人シンポジウム ・・・・・・
         
  以前、きょうだい会で、セミナーをしていただいた
  NPO法人市民後見センターさいたまからの情報です。

市民後見人に関するシンポジウムが、開催されます。
   入場無料  先着250人
 平成29年10月28日、13:30~16:00          

 講師:井手 順子氏

 テーマ:ドイツの後見制度の実際
 
パネルデイスカッション:市民後見の現状と未来

 NPO法人市民後見センターさいたま、NPO法人市民後見かわぐち
 NPO法人いきいきネット、公益社団法人 新座市シルバー人材センター

 
詳しくは、NPO法人市民後見センターさいたまのホームページ、
 首都圏市民後見協議会のページを ご覧下さい。

 興味をお持ちの方は、申し込み先
メール  kagayaki@white.piaia.or.jpに、直接お申し込みください。

           


その他の情報 | 21:11:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
こんな映画があります
 「ニーゼと光のアトリエ」


 昨年である2015年に第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品
 され、最高賞の東京グランプリと最優秀女優賞を受賞した映画のようです。
  (映画祭上映時タイトル「ニーゼ」)

1940年代のブラジルの精神病院。
そこで働くことになった女性医師のニーゼが、ショック療法があたりまえで、暴力的で差別的な病院での生活を送る患者たちを目の当たりにして、彼らに絵筆を持ってもらって自由な表現から人間性を取り戻そうと挑戦していく姿を描いた映画とのことです。

  実在した女性医師の映画です。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 東京では渋谷ユーロスペースで12月17日から上映~

ぜひ観に行きたいな~!!! でも都会に行くのはシンドイなぁ~(管理人のつぶやき)
それにしても、世界の病院病床の5分の1が日本の病床数に値するとどこかで読んだけど、
管理人の兄も、来年で6年の入院生活を送っている身としては、なんだか切なくなるなぁ。




その他の情報 | 15:26:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
情報コーナー 本の紹介
            
 
    「精神医学」「抗精神薬」「発達障害」など
       みんなウソ??まやかし??
        
 
      大笑い! 精神医学 
         精神医学を100%否定する理由」
        三五館、2012年発刊 1260円
          内海 聡(著) めんどぅーさ(イラスト)

 著者は、以前にも取り上げた「精神科セカンドオピニオン」にも
 係わる活動をしている医師のようですが、アマゾンのカスタマ
 ーレビューが41件ある中でも賛否両論に分かれるくらい、かな
 りセンセーショナルな内容だと感じました。
 
 確かに「家族の都合」での治療、という見方もまったく否定は
 できず、確かに今の精神医学がかなり怪しいもの?であるこ
 とも否定できず、製薬会社と時の権力との癒着なんか、世界
 を動かすような陰、日向の力になっているのも現実みたいだし。
 ブログ管理人も「発達障害」の「早期発見」にちょっとだけ係わ
 る仕事をしている人として、「発達障害」を疑われる子どもが
 これだけ多いと、そほんとに「障害」なの??とも日々思う
 中なので、確かに改めて考えさせられました。
  
 でも、「家族の都合」と言われても、当事者の混乱に巻き込まれて
 きた自分の人生を思うと、簡単に言われたくないし、では、どうすれ
 ば良かったのよ!!と問い詰めたくもなります。
 
 今の世の中、間違ってると薄々わかっていても、変えられないこと
 たくさんある中、では自分は何をすればいいのか、何が出来るのか
 そこをもっと詳しく取り上げてくれたら・・・そんな気分になる本でした。
 
  みなさんは、この本、どう感じるでしょうか
 
 
       
             梅雨なのに・・・・雨・・・・降らない
 


その他の情報 | 14:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ