■プロフィール

さいたま兄弟姉妹の会

Author:さいたま兄弟姉妹の会
ようこそ!!
私たちは精神疾患をかかえる人の兄弟姉妹のためのセルフヘルプグループです

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

次回例会 11月13日(日)
                       次回例会  
          11月13日(日)
    ・・・・ わかち合い中心のいつもの例会です ・・・・
   場所:下落合コミュニティセンター (JR与野駅 西口徒歩3分)
        時間:午後2時~5時
        参加費:200円
        問合せ:saitamakyoudaikai@yahoo.co.jp       
   
 
 
                 なんだか急に涼しくなってきましたが、これからの季節、
      集まる人が増えると、それだけで、気持ちもなんとなく温かくなるような。
      皆さま、待っとりま~す 
                 


スポンサーサイト



例会日時 | 09:26:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月11日(日)の例会報告
    
 9月11日(日)の例会日に、浦和コミュニティーセンター第6集会室にて
   障害者生活支援センター「杜の家」(上尾市)の精神保健福祉士である
   児玉洋子さんを囲んで、兄弟姉妹について日頃から抱えていた悩みや
   疑問などを伺う時間持ちました
 
    開催前は、いつもの4~5人だけの細々とした例会になるかなと思っていたところが、
        新しい方2名の参加を加えて、11人の仲間の参加となり、内容も含めて、とても充
        実した例会となりました。特に印象に残った部分を2点以下に。ちなみに、この内容
        は、兄弟姉妹の質問と、児玉さんの話、双方を一つにまとめてあります。
   (誤りありましたら、ご指摘のほど、よろしくお願いします。)
 
 
  生活支援センターは、家族の相談を受け付けているが、当事者の思いと家
         族の思い、それぞれの立場を考えると、対応に思案することもあり、場合によ
         っては家族の担当を別に設けることもある。いずれにしても、家族は家族の
         思いを率直にワーカーに相談してみて欲しい。もちろん家族だけでも相談出
         来る。ワーカーも家族の実情、思いを知ることは大事。それでワーカーも
         切磋琢磨。
   (*ワーカー・・・・この場合、生活支援センターの精神保健福祉士)   
     
 
    親や自分が亡くなる前に、兄弟姉妹としては、当事者の自立の道筋を付けて
   置きたい、と思うが、それに対して支援側の 「その時になればなんとかなる」
   という言葉は、兄弟姉妹としてはちょっと期待をそがれる部分がある。でも
         一方、それはそれで事実とも言え行き詰った時には 「最後はどうにかなる」
         と、これも選択肢の一つかと。
 
 
   その他、児玉さんからは杜の家の他の活動やピアサポートのこと、行政とのギャ
     ップ、などの話。 そして兄弟姉妹からは、介護保険や後見人制度、家族が相談
     に行ける場所などについての質問、応答がありました。      
 
 
   仲間の感想からは ・・・・ 
         
     講師の方と参加者の距離が近く双方のコミュニケーションが取れた
      ・教科書には載っていないお話を聞け非常に有意義な講習会になった
 
 
     児玉さんは、率直で正直で、そして温かい方、という、印象。
     今後も交流を続けて行けたらと感じた方でした。
    
     以下は児玉さんの言葉です(メールよりそのまま)
 
       
  「今回参加させていただいて、親とは違う兄弟としての重さを改めて感じま
  した。 ご自分の生活を大事にと気楽に言われても、実際は病気の経過を
  目の当たりにしていたり、保護者にならざるを得ないという現実があるので
  すよね。ただ、そんな現実の中で、皆さんそれぞれに、今できることに向き
  合って生きていることに励まされた思いでおります。兄弟姉妹の会は、とて
  も大事な会であると思いました。」
 
    兄弟姉妹も励まされる言葉だと思いました。
  
  
 
    例会終了後、児玉さんにも参加頂き、飲みながらの交流会を。
    今回の例会に久しぶりに見えた方、新しく参加された方含めて、”仲間”や”絆”の
  大事さを、感じた交流会に。
   きょうだい会の存在をまだまだ知らずにいて、一人だけで、孤軍奮闘されている
  方が、いらっしゃる事を新たに感じた会にもなりました

 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
 
    次回例会 11月13日(日) わかち合い中心のいつもの例会です)
  場所:下落合コミュニティセンター  (JR与野駅 西口徒歩3分)
       時間:午後2時~5時
       参加費:200円
    問合せ:saitamakyoudaikai@yahoo.co.jp
 
 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
 
    
  情報コーナー  
 こんな本があります
  ( 精神福祉士の資格を取った人が、講義で先生から紹介された本 )
 
  「かかわりの途上で」  こころの伴走者、PSWが綴る19のショートストーリー
   相川章子・田村綾子・廣江 仁 著   へるす出版新書  1200円
 
   PSWとは本来何をする専門職なのか、そのキーワードは「かかわり」。
   そこで重視されるのは、対象者に生きる力に寄り添い、伴奏し続ける関係性・・・、
   本書ではそのかかわりの実際を、若手PSWによる体験をもとに集成。
       
           
   皆さま 「こんな本、参考になった!こんな記事が良かった!」
          というのがありましたら、教えて下さい。
 
 


例会報告 | 15:37:00 | トラックバック(0) | コメント(2)