■プロフィール

さいたま兄弟姉妹の会

Author:さいたま兄弟姉妹の会
ようこそ!!
私たちは精神疾患をかかえる人の兄弟姉妹のためのセルフヘルプグループです

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「成年後見人制度」 ・・・・ 本の紹介
    暑い毎日が続いています。皆さまバテていませんか? 
        でも、暦ではもう「立秋」だそうです。
    
         
   来月9月9日(日)予定の例会には、上尾市にある生活支援センター
   の「杜の家」の相談員である児玉さんに来て頂く予定ですが、その時に
   もぜひ「成年後見人」を利用している人の話などを聞いてみたいと思って
   います。また以前例会で仲間がその存在を教えてくれた「NPO法人さい
   たま市民後見センター」を、他の仲間が相談に行かれたようなので、
        その内容も伺えそうです。尚、以下の二冊、アマゾンを検索していて見つけ、
   図書館で借りてみたのでお知らせします。
 
   
  「12人の成年後見人 たった1つの人生に捧げる後見物語 」 
                     編著:社団法人成年後見センター・リーガルサポート              
                 日本加除出版  3400円 (平成20年出版)
          
   12の物語が書かれていますが、これは実際の12人の司法書士が、
   後見人としての経験をもとに創作したもの、とあります。
   その中に2例、精神障害者の成年後見人のことが書かれています
   が、その実際が小説風にわかり易く読めました。現実にはこんな風
   に関わって貰えることを期待していいのかは不明ですが。
 
 
  「精神障害者の成年後見 テキストブック」
        監修:社団法人日本精神保健福祉士協会        
              中央法規出版 2600円 (平成23年年出版)
          
   「本書はすでに精神障害者の成年後見人等を受任している、ある
   いはこれから受任する可能性のある精神保健福祉士、司法書士、
   弁護士、社会福祉士、さらには市民後見人に、精神障害の特性や
   精神障害を抱える人の生活のしずらさ、支援する際のポイントなど
   を解説」 とするこの本ですが、これから後見人制度を利用したいと
   思っている人にとっても、具体的にどんな機能なのかを知る本だと
   思います。また当事者の生活のしずらさを改めて考えるチャンスに
   もなるかと。
 
      ★ 目次の一部
            第一章  精神障害者に後見人等が必要とされる理由
            第二章  精神障害の生活のしずらさと支援のポイント
            第三章  精神障害を持つ人への後見業務の実際Q&A
                   第一節 入院中の事例
                   第二節 入院から地域生活への移行事例
                   第三節 地域での生活を支援している事例
                
         
                     
    
              
    9月9日の例会には、皆さまの参加をお待ちしています。
    尚終了後は「暑気払い」?「交流会」?なんでもいいから
    ググ~っと生ビールでも飲みませんか。
    もちろん、ウーロン茶、ノンアル、でも乾杯!  
                                       
     参加問い合わせは以下
       saitamakyoudaikai@yahoo.co.jp  
 
          


スポンサーサイト



その他の情報 | 10:04:00 | トラックバック(0) | コメント(0)