■プロフィール

さいたま兄弟姉妹の会

Author:さいたま兄弟姉妹の会
ようこそ!!
私たちは精神疾患をかかえる人の兄弟姉妹のためのセルフヘルプグループです

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

5月26日の例会報告
  参加者 10人 

これまで何度かいらしていただいた上尾福祉会障害者生活支援
センター杜の家の児玉さんをお招きしました。
(総合支援法などの現場での実際をテーマに)

S さんの感想 >
総合支援法に変わって、アウトリ―チ事業が、進もうという動き
(さいたま市は、モデル事業からスタ―ト)や、介護サ―ビスが、
使いやすくなっている様でした。
また、地域包括ケアの他職種連携に関して、基幹相談支援センタ―2020年
始動に向けて、(さいたま市は、地域自立支援協議会の議論開始)
動きも始まる様です。

児玉さんのお話しで、印象に残っているのは、制度の改正があっても、
人員の常勤雇用が、出来ず負担だけ増えているとの事。
また、65才の高齢者になると、介護サ―ビス優先となり、
利用者の負担増加、サ―ビス内容の変更が、
問題点との指摘もあったと思います。


 実際に、A さん(例会参加者)も、受け入れ先捜しで、右往左往され、
ご苦労されています❗️) 利用者や家族の支援が、財政面だけの視点の
改正にならない様に、我々も、理解を深めていかなければ、いけないとも、
思います。


新しく参加された方も、今後の対応について、相談窓口がなく、お困りで、
勇気を持って、さいたま兄弟姉妹の会を訪ねられたと思います。
制度の進捗に、期待すると共に、私たちの自助グループの活動で、
制度の隙間について、まずは、寄り添いや話の出来る場所つくりも、
大切なのかな!と思いました。

                            

スポンサーサイト





例会報告 | 11:21:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する