統合失調症の薬がわかる・・・・・本の紹介

         
   例会では毎回のように、精神科の薬についての話が出ますが、一番の
   問題はその副作用や多剤大量投与、その症状に本当に適した治療薬
   なのかという疑問。以下の本は、仲間が例会で紹介した本です
 
 
   「抗精神病薬の身体副作用が判る」 著者 長嶺敬彦   
                 医学書院発行 2,520円
    ガイドブックのような作りになっていて、図解も多く、薬の検索も
    し易い印象です。(ブログ管理者はまだ読んでいません・・・)
       
   「統合失調症の薬がわかる本」  著者 八木 剛平
                NPOI法人コンボ発行 1400円
    アマゾンでは扱ってなく、直接コンボに連絡を取りました。
    2000年に発行されて改訂を重ねて上記は2011年発行の改定です。
 
   精神科セカンドオピニオン ― 正しい診断と処方を求めて
                著者 ,  笠 洋一郎    2520円
            
   今や精神科の病気については「セカンドオピニオン」というと、
   まずはこの本を思い浮かべる人も多くなっているのでは。正直なところ
   この本で知れば知るだけ怖くなるのでは、という思いが、ブログ管
   理者(以下ブロ管)にはあって、その内容の厚みもあって、なかな
   か手に取れないでいますが、最近、改めてブロ管の兄弟のCP
   (クロールプロマジン)換算が、入院前にも高いと思っていたら、
   入院したらその倍の量になり、副作用ではないかと思われる転倒が
   多くてなんとか減らしてもらえないのかと思っているところなので、
   やはり近々、購入してちゃんと判断出来る力をもっと付けたいと
   思っています。
 
   尚、CP換算については、以下のNPO法人コンボ(地域精神保健
   福祉機構)のHPに自動計算が載っています。
      
                 
 
   こんな本がよかった、こんな本があります、等、例会でも紹介
   頂けたら有り難いです。
 
 
    ついでの情報ですが、以下はネットで見つけた
   「NEW 統合失調症掲示板にようこそ!」という掲示板です。
    ブロ管は何度もここに来て、自分と同じような思いをしている人の
    言葉で慰められたり教えられたり励まされたりしています。
    よかったら覗いてみて下さい。  
 
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さいたま兄弟姉妹の会

Author:さいたま兄弟姉妹の会
ようこそ!!
私たちは精神疾患をかかえる人の兄弟姉妹のためのセルフヘルプグループです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR